QLOOKアクセス解析 メダカに嵌った男のブログ: タナゴの稚魚、浮遊後1週間後の様子

2010年05月29日

タナゴの稚魚、浮遊後1週間後の様子

メダカやカメ、そしてタナゴなどまとめて記事に
したいところですがカテゴリの振り分けが不可能なので
分けて書くことに・・

面倒です(笑)


先週の金曜日に1匹目のタナゴの稚魚を発見して
1週間が経ちました!

あれから毎日2匹ずつ稚魚が浮遊し、今では9匹に!
まだまだ増えても大丈夫!と思ってましたが、
もう打ち止めのようです(笑)


相変わらず写真は上手く撮れないので、
今回も動画に残してみました。


やはり最初に浮遊してきた稚魚の成長が早く、
後から出てきた稚魚とは体高も全く違います。

ブラウンシュリンプを崩してあげると喜んで食べます!!
結構な量を入れても全部食べてるようで・・

順調そうです!!(^^♪




これらの稚魚を育ててくれたニセマツカサ貝は、
今週の月曜日に★になりました(涙)

貝にとってタナゴの産卵は負担なのでしょうか?(汗)

外に埋めようかと思いましたが、家族のみなで話し合った
結果、タナゴやフナに食べてもらおうということになりました。

P5260727.jpg

真っ先に来たのはヨシノボリでした。

4日して見ると身はほとんど残っておらず。
皆が綺麗に食べてくれたようです。

P5290738.jpg

貝も全部食べてもらって良かったのではないでしょうか?

手前のドブ貝も最近、元気がないので少し心配です。
ただ、タナゴのメスも再度、産卵管を伸ばしています。
また産卵するかも?と様子を見守っています。


posted by take51 at 14:34| Comment(0) | タナゴの成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。