QLOOKアクセス解析 メダカに嵌った男のブログ: タナゴの稚魚のその後!浮遊後、約2ヶ月

2010年07月18日

タナゴの稚魚のその後!浮遊後、約2ヶ月

タナゴの稚魚が浮遊して約2ヶ月が経ちました!(^_^)

9匹は順調ですが、やはり成長に個体差が出てきました。
見てると成長の早い、大きい稚魚がエサを独占しているようで、
小さ目の稚魚の成長が遅れているようです(汗)

ということで、成長の早い3匹を別の水槽に
移動してましたが水槽が小さいのか数日で元気が
なくなりました。


考えました。


一番、大きい固体で1.5cmあるかないかです・・・


大人と一緒にするべきか・・・
タナゴの雄(彼らの父)に攻撃されるような・・・

一緒にしちゃいました。

P7170737.jpg

P7170735.jpg

P7170732.jpg

P7170730.jpg

稚魚がヒラヒラ、素早しっこく泳ぐので撮るのに苦労しました(笑)

大きさが解るよう、親と一緒に撮りたかったのですが
これまた難しい。。。

おまけに、よりによって水槽の中で一番、汚いところに
集結するもんで・・・

撮影用にガラスを掃除したのに意味が無い(爆)


恐る恐る親と一緒にしましたが、稚魚たちは
初めての場所に緊張したか最初は常に3匹で行動してました。

親やフナなど、他の魚に戸惑ったのかアナカリスの中や物陰に
身を寄せてることが多かったです。

それでも日に日に色んなところを泳ぐようになり、
今ではエサも親たちに混じって食べるようになりました!(^^)

入れて最初はドキドキしましたよ〜(^▽^;)

親のメスは稚魚に乱暴なことはしませんでしたが、
やはりオスは少し追っかけたりしてました。

親メスを追いかけるほど、乱暴ではありませんでしたので
ちょっと安心しました。

今、思えば危ない冒険でした(汗)

やっぱり稚魚を親を分けよう、と思っても
稚魚を捕まえるのはかなり厳しそうです。
泳ぐのが恐ろしく速いんで(^▽^;)

あのオスを見てると、稚魚はある程度の大きさになるまで
一緒にするのは危険だと改めて思いました。

ある程度の遊泳能力が無いと虐め殺されます(滝汗)

しかし、驚きは親と一緒にして数日で
体が一回り大きくなりました!!(^。^)

やっぱり広いところだと成長も早いんですね!!
残り6匹も早く大きくなって欲しいモンです!!(*^_^*)

あ、残った6匹の中でも成長に差が出始めました。
少しずつ引っ越すことになりそうです

やっぱり小さいのは成長が遅れますね〜

自然界だと成長の遅い個体は淘汰されたり
しちゃうんでしょうね、厳しい世界です。

あれ?真面目くさった〆になりました。
変な感じ(笑)

posted by take51 at 08:01| Comment(2) | タナゴの成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。

稚魚はデリケートなので気苦労が絶えませんよね。
それにしてもタナゴって案外攻撃的なんですね。
稚魚でも餌のライバルとみなしているのでしょうか?
でもtake51さんが捕まえられないくらい動きが速いのなら大丈夫かもしれませんね。
Posted by ひ辻 at 2010年07月19日 00:26
>ひ辻さん、こんばんは!!

 タナゴは結構、攻撃的ですよ〜
 どうやらオスの縄張り意識は相当強いような気がします。
 個体差はあると思いますが、うちのは特別強いような気が・・・(^▽^;)
 ですので、稚魚に対しては特別気を遣います。

 稚魚の泳ぐのは速いですが、親も相当速いので・・
 ただ、今も問題なく一緒にいますので大丈夫だと思います!!!(^^)
Posted by take51 at 2010年07月19日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。